イラスト『元気な海』が生れたところは
日本列島のほぼ中央
大都市名古屋から南に延びる知多半島の西岸
常滑市多屋海岸から見た『伊勢湾の海』をモデルに描かれました
ここの沖合いは
自然豊かな伊勢湾が広がり、南西海上約3kmには中部国際空港が建設され
離発着する飛行機や海上を行き交う船を望むことが出来ます
目の前の多屋海岸は
今では希少となった南北約800mの自然海岸が残り
数多くの海浜植物自生し、アカウミガメの産卵地で『自然と開発』が隣り合った所でもあります
          
多屋海岸から望む伊勢湾の風景                        知多半島の西海岸                多屋海岸上空より名古屋港方面を望む
          
多屋海岸でのハマヒルガオと子供たち       ここの海辺で生れた『元気な海』       多屋海岸で孵化したアカウミガメの子供

Next   Topへ